リフレクソロジー 効果

寿命も延びる?リフレクソロジーの驚きの効果について

リフレクソロジーには、足のマッサージということ足の疲れを取るという効果があるのはもちろんですが、足のマッサージであるにも関わらず全身の様々な症状に対して効果を発揮することができます。

足の裏には反射区と呼ばれるツボがあり、全身のほとんどの臓器のツボが足の裏に集まっています。これらのツボをリフレクソロジーで刺激をすることで、足の裏から体の各器官に様々へ影響を与えることができるのです。

なぜ足裏を刺激することが足以外の場所に対して効果を発揮するのかということについては、科学的な根拠は現代の医学や科学をもってしても完全には分かっていません。しかし、足裏のツボと全身の各機関は脳を介して何かしらの神経で繋がっており影響関係にある考えられています。影響関係というからには、ツボを刺激してツボに対応する機関に影響があるだけでなく、臓器の不調などによってツボに影響があわられることもあるということです。ツボを刺激して痛みを感じるのは、ツボに対応した機関からの何かしらのサインがツボに届いている証拠なのです。そのため、全く健康で体のどこにも悪いところも疲れもストレスもないという人であれば、足の裏をどれだけ刺激しても痛みを感じることはありません。大人が健康サンダルをはいたり青竹を踏んだりすると痛がるのに、子供は平気な顔をしてそれらの上で飛びまわれるのはこのためです。

また、リフレクソロジーでは足裏だけではなく脚への施術も行いますが、脚にも反射区のツボはありますし、また脚の筋肉の中には圧力が加えられることで自律神経のバランスを正常化するような信号を脳に発することができる細胞があることが分かっています。

こうしたことから、足の裏と脚への施術だけでも全身に対して様々な効果を発揮することができるのです。

リフレクソロジーの効果としてよく上げられるのは、下半身の疲れ、むくみの改善、冷え性の改善、便秘の改善などですがこれ以外にも体のありとあらゆる症状に対してそれを軽減するアプローチを行うことができます。

海外では代替医療としても注目され、体の治療目的でリフレクソロジーが行われることがあります。また、リフレクソロジーを定期的に受けることで全身の健康を向上させ寿命を延ばすことすら可能だということも言われるのですが、残念なことに日本国内においてはリフレクソロジーは医療や治療としては認められておりませんので、日本のリフレクソロジストがリフレクソロジーで体の治療を行うことはできません。

しかし、リフレクソロジーが体にいいことは間違いありませんので、治療ではなく一般的な健康の維持や、色々な症状を軽減するために一つの方法としてリフレクソロジーを利用してみてはいかがでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加