リフレクソロジー資格

リフレクロジーで手が腱鞘炎になったりすることはないのでしょうか?

リフレクソロジーをはじめて勉強しようという人、勉強を始めたばかりの人が不安に思うのが、リフレクソロジーが思った以上に体力の必要な仕事であるために、自分に続けられるのか?ということです。

正直なところ、リフレクソロジーの仕事をしていて手が腱鞘炎になってしまったり、体を壊してしまうという人は確かにいます。しかし、正しい方法で施術を行い、経験を積んでいけば多くの人はそのような故障をすることなく仕事を続けることができますので、必要以上に不安に思う必要なはいでしょう。

リフレクソロジーの施術には、かなりの力が必要ですのでは、勉強をはじめてすぐのうちは誰でも手の痛みを感じたり、辛いと感じることがあると思います。しかし、それは慣れない運動をすれば体が筋肉痛になるのと同じ事で、これまで使っていなかった体の使い方をするために起こる一時的なものです。体の使い方に慣れてくれば、はじめのうちに感じる手の痛みや辛さがずっと継続するものではありませんし、だんだんと力のかけかたというものも分かってくるものです。

手を故障してしまう人というのは、多くの場合には、その体の使い方や力のかけかたを体が覚える前の時点で現場に出されてしまったり、正しい施術の方法を教わることなくお客さんの施術をしている場合におこります。リフレクソロジーの技術を習得するのに必要な時間数というのは、一概には申し上げられないと思うのですが、知識や手順を覚えるだけではなく、体の使い方を覚えてそれに慣れるまでにはどんなに少なくとも、最低30時間程度の研修は必要だと考えています。しかし、サロンによっては5、6時間の研修だけでフタッフを現場に出すというようなサロンも残念ながらあるようですので、そのような不十分な研修で施術をはじめた結果として体を壊してしまうということが起こっています。

リフレクソロジストは人の体を癒す仕事ですので、そのためにはまずは自分がつかれきっていたり、ましては故障をしていてはいい施術ができるはずもありません。いい施術をし、お客さんに満足して帰ってもらうためにも、まずは自分が疲れない、自分の体を壊さない正しい方法の施術を学ぶ必要があります。

リフレクソロジーを勉強したい、リフレクソロジーを仕事にして働きたいと思うならば、自分の体を壊さない正しい施術が学べるところであるのかというところについては重視をしてスクールやサロンを選んでほしいと思います。数時間の研修だけでスタッフを接客にだすようなサロンは、利用するお客さんの立場から見ても優良なサロンとはいえないと思いますので、自分の体を大切にする意味でも別のところで勉強する道を考えたほうがいいかもしれません。

専門学校で学ぶリフレクソロジー。メリットとデメリットとは?

リフレクロジーを学びたい人のためのスクールとしては、短期、通信なども含めて様々なものがあります。仕事を続けながらでも通えるように、週数回などの通学でも学べるスクールもありますし、数ヶ月集中的に通って技術を身につけられるスクールもあります。リフレクロソジーは早くスキルを身につけて仕事に活かしたいという人が多いためか、こうしたスクールが多いのですが、中には3年間しっかりと通って技術を身につける専門学校というのももちろんあります。

数ヶ月の短期集中で技術を身につけて、即戦力として働いている人もいるというのに、一体3年もかけて何を勉強するのだろうか?っと疑問に思う人もいるかもしれませんが、技術を短期で身につけてすぐに働くこととは、また違ったメリットが専門学校にはあると思います。

まず、メリットになるのは、しっかりと技術を身につけてから卒業し仕事につけることです。リラクゼーションの仕事は、知識や技術を身につけてはいてもどうしても現場に出てから覚えなくはならないことというのがたくさんあるのですが、その現場に出てから覚えるようなことまで、例えばサロン実習のような形で学生のうちから身につけることができたり、時間をかけて学びますので、リフレクソロジーに直接的に関係のあるもの以外にも、アロマやその他の技術についての知識や技術を身につけて卒業することもできるでしょう。

リフレクソロジーに特化するだけではなく、トータル的にセラピストとしての技術を身につけて卒業し、しかも実践に近い経験を積んだ上で就職していけるというのは専門学校ならではのメリットだと思います。学校に求人の情報が入ってくることもあるかと思いますので、専門学校からは希望する業界への就職率が高いというのもメリットでしょう。

では、逆にデメリットはないのかというと、費用や時間の面でのデメリットはあると思います。高校を卒業したり、大学を卒業してから専門学校に進学するというのであればいいと思うのですが、すでに社会人として働いている人が転職のためにリフレクソロジーの技術を身につけたいと思った場合には、はやり学ぶのに時間をかけるよりも、できるだけ早く仕事として活かせるようになりたいという気持ちの方が強いと思います。学校に通う年数が長くなればそれなりに費用もかかりますので、働きながら研修をしていく方が苦労はするにしてもいいと思うひとも当然いると思うのです。

どこでリフレクソロジーの技術を身につけるのがいいかはケースバイケースですが、腰を落ち着けて、じっくり学ぶ時間と費用の余裕があるならば専門学校でじっくりと技術を学んでみるというのも一つの選択肢ではないでしょうか?

リフレクソロジーはサブスキルとしても活躍できる技術です

リフレクソロジーは、リフレクソロジーだけを専門にしているリフレクソロジストがいる一方で、他のスキルを持っている人がサブスキルとして学ぶことも多い技術です。

全国の様々なマッサージ店を注意して見てみてほしいのですが、整体、かいろぷらくてぃっく、ボディケア、タイ式マッサージなど、店の看板にはリフレクソロジーを掲げていないお店のメニューにもリフレクソロジーがあるというお店が結構な数あるのです。また、そうしたリラクゼーションのお店ではなく、整形外科のような病院やリハビリ施設などでも自由診療の枠の中でリフレクソロジーを取り入れているところがあります。

こうした状況が見られるのは、まず第一にリフレクソロジーがそれだけ人気のメニューだということもありますし、またリフレクソロジーの技術を学ぶことで施術の幅が広がることが要因だと思います。例えば、骨粗しょう症などの病気がある高齢者などは、骨折の危険があるためにマッサージを受けることができない場合があります。その時に、何か症状のある場所を直接圧力をかけてマッサージをする方法ではなく、骨粗しょう症の人でも軽めの施術なら受けることができるリフレクソロジーでアプローチすることで、症状が軽減できるような場合もあるのです。

リフレクソロジーだけを専門に勉強をするということでももちろんいいと思うのですが、現在すでに別のスキルを持って働いているという人や、勉強中の人でもリフレクソロジーを学んでみる価値はあると思います。また、一つのスキルだけを持っているよりも、リフレクソロジーのスキルを合わせて持っているほうが即戦力として活躍できる場も増えますし、採用する側にも魅力的な人材となることができるでしょう。

整体院やカイロの治療院、様々まマッサージサロンなど、それぞれ働いていたり目指しているところはあると思いますが、リフレクソロジーはサブスキルとしても非常に有意義な技術ですので、是非身につけてみてください。リフレクソロジーの概念を理解することが、これまで行っていた技術への理解を深める結果になることもあると思います。

是非超然してみてください。

エステの足マッサージとリフレクロロジーの違いはどこにある?

リフレクソロジーとは足の裏やふくらはぎなどのマッサージを行っていくマッサージですが、足のマッサージ=リフレクソロジーという意味ではありません。これからリフレクソロジーを勉強したいと思う人でも、どんなマッサージを指してリフレクソロジーというのか、自分が勉強したいと思っているのは本当にリフレクソロジーでいいのかということを、実ははっきり分かっていないという人もいると思うのです。そこで、ここではリフレクソロジーというのが、どんなマッサージであるかについて簡単に整理をしてみたいと思います。

まず、リフレクソロジーには大きく分けて、中国式、台湾式、タイ式、英国式という方法があります。現代ではそれぞれの国で独自に発展をしているものですが、これらのリフレクソロジーの基礎は全て中国の足裏健康法からはじまっており、それらか各国に伝わって独自に発展した結果、今のリフレクソロジーの形になっているのです。

手法やマッサージを受けた感じは、何式のリフレクソロジーを受けるかによって変わってきますが、基本的な考え方は何式のリフレクソロジーでも共通で、リフレクソロジーとは足裏の反射区を刺激し足裏から全身の様々な機関にアプローチするとともに、体のエネルギーが流れるラインにそってマッサージをするマッサージのことです。エネルギーのラインについては中国式・台湾式では経絡と言ったり、タイ式ではセンといったり、英国式ではただラインと呼ばれることもありますが、呼び方は違っても考え方としては同じものです。また、手だけで施術をしたり、棒を使ったりいう違いがありますが、施術の目的については道具を使っても使わなくても同じものだと思ってください。

主に、足裏と膝下までのマッサージを行います。マッサージの目的は、健康の向上や体の疲れやだるさの改善、血行の改善など様々です。また、現代では美容のためにも取り入れられるようになっているリフレクソロジーですが、リフレクソロジーが本来もっている効果は美容ではなく健康のためのものなのですが、体が健康に近づく結果、足のむくみが取れて細くなったり、血行や代謝が改善された結果痩身効果に繋がる場合があるということで、美容効果も注目されているのです。

ですので、例えばエステなどで行われる痩身のための脂肪をも揉みだすような足のマッサージや、機械を使ったマッサージなどは足のマッサージであってもリフレクソロジーとはいいません。また、リンパマッサージなどもリフレクソロジーとは違ったマッサージの種類ということになります。

リフレクソロジーがどんなマッサージかについて理解をしていただけたでしょうか?それでもよく分からないという場合には、まずはいろいろなリフレクソロジーを自分で体験してみるといいと思います。

未経験からリフレクソロジーの仕事に職するための虎の巻

リフレクソロジーというと専門の技術が必要な専門職ですので、経験のない人が就職をすることは難しいと考えている人が多いようです。確かに、自分で技術を身に付けて、その技術を武器にして就職するという人はいますし、採用する側としても即戦力となる経験者のみを募集しているというケースは少なくありません。しかし、だからといって未経験者が就職することができないのかという決してそんなことはないのです。

大手のサロンでは見経験者の新卒採用を行っている企業もありますし、個人のサロンなどでも採用をしてから研修を行っているサロンはあります。未経験であっても就職をしてから技術を身につけるという方法はあります。新卒で就職をすることだった可能なのです。

例えば、一般企業に就職をする場合のことを考えてみてください。色々な業界がありますが、新卒を採用する場合に、はじめから即戦力になれる人などいないと思っていいでしょう。その業界に対して適性があるとか、過去にアルバイトなどで似たような業界を経験したことがあるという人はいると思いますが、はじめは誰でも未経験から仕事を始めるものです。新入社員研修があり、仕事をしながら少しずつ仕事を覚えていき、だんだんと戦力になっていくのが普通です。

リラクゼーションの業界でも、それらの企業と同じような採用が行われているところもありますので、初めは未経験であっても何も心配することはありません。リフレクソロジーを仕事にしてみたいと思うならば未経験であっても、ぜひ就職先の一つとして検討してみてほしいと思います。

未経験でも就職をすることは可能ですが、就職活動を有利に進めるために、独学でもかまいませんので、少しリフレクソロジーがどんなものであるかということは経験しておいたほうがいいかもしれません。自分が施術を受けてみることはもちろんですが、本を読んでみることでもかまいませんし、週末だけの短期講座を受けてみるということでもいいと思います。全くの未経験よりは、リフレクソロジーというものをイメージしやすくなり、その分就職についても有利にすすめることができると考えます。

また、リフレクソロジーは体を使う仕事ですので、体力が必要ですし、人と接していく仕事ですからコミュニケーション能力や、相手に対して様々は配慮ができる能力などが必要になります。リフレクソロジーを直接学ぶということではなくても、自分の気力や体力を充実させておくということも、リフレクソロジーの仕事をしていく上で大切なことですので、そうした努力もしておくといいでしょう。

あとは、全てはやる気次第です。やる気と体力さえあれば技術は後から学ぶことができますので、未経験からでも誰でも立派にリフレクソロジストとして働くことができると思っています。

妊娠中の女性はリフレクソロジーの施術を受けてはいけません

リフレクソロジーは、人によっては足裏を刺激されることで痛みをともなうことがありますが、副作用のない健康法といわれており足裏を刺激することで健康に対して悪影響が出ることはまずありません。施術に痛みがあると心配になる人がいるようなのですが、むしろ痛みがあるところは積極的に刺激をした方がいいと言われているくらいなのです。

しかし、副作用がない健康法であるリフレクソロジーも妊娠中の女性に対してだけは施術をしてはいけません。中にはそのことを十分に把握していないリフレクソロジストがいないとも限りませんので、妊娠中の女性もリフレクソロジーの施術は受けないようにしていただきたいと思います。

妊娠中の女性は足がむくみなどの症状が出ることがありますので、リフレクソロジーの施術を受けたいという気持ちは分かるのですが、足裏への施術は厳禁です。

妊娠中の女性がリフレクソロジーを受けてはいけない理由は、リフレクソロジーの刺激によって流産を誘発してしまう可能性が否定できないからです。リフレクソロジーは体を健康な状態に近づけるという効果があります。そして、妊娠初期につわりが起こるように妊娠中の女性の体にとって、胎児は異物なのです。本来であれば、体が拒否反応を起して体外へ押し出す作用が働くところを、妊娠中の女性の体は非常に微妙なホルモンのバランスで妊娠状態を維持している状態にあります。そこにリフレクソロジーの刺激が加わり、体を健康な状態に近づけようとした結果、異物(胎児)を排除しようという体の作用が促進されて流産に繋がる可能性があります。

足裏に刺激が加わったことで即流産するかといわれれば、そういうわけでもないのですが、そうした可能性がある以上、わざわざリスクがあることをする必要はないと思います。

ただ、足の裏ではなくふくらはぎなどを軽くマッサージする分には、妊娠中であっても問題ありませんので、足のむくみが辛いときなどには脚部分のマッサージを受けることは可能です。

リフレクソロジーは小資金でも開業できて今人気の職業

リフレクソロジーは、小さなスペースで小資金でも開業できることから、今たくさんお子人サロンがオープンしていることをご存知でしょうか?リフレクソロジーサロンの広告やチラシなどをよく見てみてください。住所にマンションの部屋番号が書いてあるようなサロンが多いと思うのです。

今、リフレクソロジーのサロンはチェーン展開しているような大型サロンもたくさんありますが、それ以上にマンションの一室で開業しているような個人サロンもたくさんあります。リフレクソロジーには国家資格がありませんので、リフレクソロジーを開業する上でそれを取り締まる法律などもありません。資格や届出など一切必要なく、リフレクソロジーのサロンは開業できるのです。

しかも、個人で開業するのであれば、お客さんが座れるリフレクソロジー用のイス、もしくはべッドなどのスペースがありれば本当に小さなスペースでも開業が可能なのです。あとは消耗品などをそろえることとインテリアを少しそれらしく整えることができれば、非常に小額で自分のサロンを開業することが可能です。
もちろん、お客さんを呼べるかどうかは自分の技術しだいですが、技術をしっかりと身につけて腕に自身さえつけば、誰でもリフレクソロジーのサロンを開業することができます。リフレクソロジーの技術を身につけるということには、様々な可能性があるということです。スクールを卒業したらどこかのサロンに勤めるということだけではなく、いつか自分で開業するということも可能だということを頭において技術を学んでみるといいかもしれません。

リフレクソロジーの人気もあって、リフレクソロジーのサロンを開業する人も増えています。しっかりと技術を学んでさえいれば、誰もでも開業は可能ですので、リフレクソロジーを学んだ後の選択肢の一つとして考えていただければと思います。

そうはいっても個人サロンは大手には勝てないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、リフレクソロジーの業界においては、必ずしも大手が個人店に対して有利かといわれるとそんなことはないのです。人の体に触れる仕事なだけに大切なのは信頼関係です。客数が多い大手よりも、少数と確実に信頼関係が築ける個人店の方が成功するということが起こるのもこの業界の特徴の一つです。

色々な可能性を考えながら、リフレクソロジーの勉強にのぞんでもらえればと思います。

通信講座でリフレクソロジーを学ぶ場合に気をつけたいこと

リフレクソロジーは通信講座で学ぶことも可能です。しかし、通信講座を使ってリフレクソロジーを学びたいと考えるならば、申し込みの前に気をつけたいことをご紹介しておきたいと思います。

まず、何より大切なのは、通信講座であっても実際に登校するスクーリングがある通信講座であるかということは必ず確認をするようにしてください。リフレクソロジーというのは、学んだことがない人が考えているよりもかなり繊細な技術が要される部分もあります。足の反射区などは数センチから数ミリ単位で場所が分かれているところもあり、それを通信講座だけで学ぶというのは不可能だと考えます。そのため、基本的に知識や技術は通信講座で学んでいくにしてもスクーリングでプロや講師に技術の確認をしてもらえる講座でなければ、学ぶ意味はほとんどないと思ってください。

また、リフレクソロジーは自分一人では学ぶことができません。自分の体をモデルにして練習をするということは、プロのリフレクソロジストでもやっていることですが、自分の体をモデルにする場合にはどうしても人に施術をする場合と同じように行うことはできませんので、それだけでは練習をすることができないのです。

通信講座で学んでも、家族や友人などに協力をしてもらえれば練習をすることもできますが、そういった意味でもスクーリングで練習ができる環境が整っている通信講座を選ぶことをおすすめします。

できればスクールに通って技術を身につける方が効率もよく、確実に技術を身につけられると思うのですが、仕事をしながら技術を身につけたい人や、子供がいて家を離れられないなどの事情でスクールには通えないという人もいると思います。そういった場合には通信講座は非常に便利に使えるものだと思いますので、自宅でできる通信講座のメリットと、実際に手取り足取り教われるスクールのメリットの両方が使えるような通信講座を探してみてください。

また、通信講座で独学をする場合には、リフレクソロジーの技術は紙の上の説明だけでは理解をするのが困難なものですので、映像教材が充実しているものを選ぶとよりいいでしょう。リフレクソロジーをはじめるのに必要なマッサージクリームなども全てセットになっていてはじめられる通信講座というのもありますので、このような注意点に気をつけながら自分にあった教材を選んで学習をはじめてみてください。

リフレクソロジーは短期の講座でも習得することが可能ですか?

リフレクソロジーを勉強する方法は色々ありますが、短いものでは数日で終了するような短期講座というものもあります。仕事を続けながら技術を身につけたいと思っていたり、転職を考えているという人もとっては短期で技術が身につけられるならば、メリットは大きいと考える人もいるでしょう。しかし、一方で短期の講座でしっかりと技術を習得することは可能なのだろうかという不安があるのも最もなことだと思います。

短期の講座であっても、リフレクソロジーを学ぶことは可能でしょう。しかし、学んだ技術をその先どうしたいのかということによって、短期の講座で十分かということは一概には申し上げられません。例えば技術を学んで、自分のケアに役立てたいという人や、家族や友人のために技術を活かしたいという人ならば短期の講座で学んだ知識や技術でも十分に役に立てることができるかもしれません。

しかし、技術を身につけて就職したい、または開業したいと考えるような場合であれば、短期の講座だけで十分な技術を身につけることができるのかといわれれば答えはNOでしょう。

足の裏の反射区やツボの名前を覚えることは、一覧表を見て暗記すればいいだけですからあるいは数日あれば十分に覚えられるかもしれません。また決められた施術の手順を覚えることも、人によっては数日あれば十分に覚えられるという人もいるでしょう。しかし、ツボの名前を覚えることや手順を覚えることと、技術を身につけるということは必ずしもイコールではありません。仕事として活かしていくには、やはり様々な技の引き出しが必要であったり、お客様の要望に合わせて施術の内容を変化させるなどの応用力も求められます。また、質問を受けることもありますので、それに対応できる豊富な知識も必要になるのです。

そういったことを考えれば、ツボの名前を覚えて、手順を覚えたその先に、まだまだ練習と色々な経験が必要になりますし、型にはめられた手順以外のことも学ぶ必要があります。それを短期講座の中で全て習得できるかといわれれば難しいと思うのです。

ただ、短期講座で少しでも技術を身につけてから就職をし、そこから就職した先でも研修を受けたり練習を重ねて経験を積んでいくという方法で仕事をしている人もいますし、短期講座を受講しただけでは仕事ができないといっているわけではありません。

技術を学んでその先にどうしていきたいのかということ次第では、短期講座で集中してリフレクソロジーの基礎部分を学ぶことが効率的で効果的という場合もあるでしょうから、ケースバイケースで利用してみてほしいと思います。

寿命も延びる?リフレクソロジーの驚きの効果について

リフレクソロジーには、足のマッサージということ足の疲れを取るという効果があるのはもちろんですが、足のマッサージであるにも関わらず全身の様々な症状に対して効果を発揮することができます。

足の裏には反射区と呼ばれるツボがあり、全身のほとんどの臓器のツボが足の裏に集まっています。これらのツボをリフレクソロジーで刺激をすることで、足の裏から体の各器官に様々へ影響を与えることができるのです。

なぜ足裏を刺激することが足以外の場所に対して効果を発揮するのかということについては、科学的な根拠は現代の医学や科学をもってしても完全には分かっていません。しかし、足裏のツボと全身の各機関は脳を介して何かしらの神経で繋がっており影響関係にある考えられています。影響関係というからには、ツボを刺激してツボに対応する機関に影響があるだけでなく、臓器の不調などによってツボに影響があわられることもあるということです。ツボを刺激して痛みを感じるのは、ツボに対応した機関からの何かしらのサインがツボに届いている証拠なのです。そのため、全く健康で体のどこにも悪いところも疲れもストレスもないという人であれば、足の裏をどれだけ刺激しても痛みを感じることはありません。大人が健康サンダルをはいたり青竹を踏んだりすると痛がるのに、子供は平気な顔をしてそれらの上で飛びまわれるのはこのためです。

また、リフレクソロジーでは足裏だけではなく脚への施術も行いますが、脚にも反射区のツボはありますし、また脚の筋肉の中には圧力が加えられることで自律神経のバランスを正常化するような信号を脳に発することができる細胞があることが分かっています。

こうしたことから、足の裏と脚への施術だけでも全身に対して様々な効果を発揮することができるのです。

リフレクソロジーの効果としてよく上げられるのは、下半身の疲れ、むくみの改善、冷え性の改善、便秘の改善などですがこれ以外にも体のありとあらゆる症状に対してそれを軽減するアプローチを行うことができます。

海外では代替医療としても注目され、体の治療目的でリフレクソロジーが行われることがあります。また、リフレクソロジーを定期的に受けることで全身の健康を向上させ寿命を延ばすことすら可能だということも言われるのですが、残念なことに日本国内においてはリフレクソロジーは医療や治療としては認められておりませんので、日本のリフレクソロジストがリフレクソロジーで体の治療を行うことはできません。

しかし、リフレクソロジーが体にいいことは間違いありませんので、治療ではなく一般的な健康の維持や、色々な症状を軽減するために一つの方法としてリフレクソロジーを利用してみてはいかがでしょうか。